facebook

FREE TRIAL
無料体験会

KID ACADEMY OFFICIALSITE

無料体験受付中 SCROLL
KID ACADEMYとは

KID ACADEMYとは

脳科学に基づくカリキュラムで、発達障害にアプローチ

お子さまが発達障害や自閉症、ADHDなどと診断され、お悩みではありませんか? KID ACADEMYは、脳科学を活用した療育という、まったく新しいアプローチを実践し、こういった障害の改善を目指している児童発達支援事業所です。私たちのカリキュラムを構成する約40ものトレーニングは、そのすべてが科学的な裏づけのあるもの。これらを適切に組み合わせることで、一人ひとりに応じたオーダーメイドの療育プログラムをつくり上げています。発達障害をはじめとする脳機能障害は、脳が通常とは異なる発達段階をたどっていることが要因。発達に遅れが出ている分野を洗い出し、重点的に鍛えれば、改善は見込めます。まずはお近くのスクールで、新しい療育の形を体感してみませんか?

SCHOOL

トレーニングの一例

空間認知トレーニング

周囲と程よい距離感を保つことが、良好な人間関係の形成につながります。

空間を立体的にとらえる能力である空間認知能力は、他者とほどよい距離感を保ったり、危機回避を行ったりするうえで欠かせません。KID ACADEMYでは、ボールを使ったトレーニングなどを通し、空間認知能力の向上を図ります。

指先強化トレーニング

脳が本格的な発達を始める前に、シンプルなトレーニングで準備体操。

3歳ごろまでの脳は、それぞれに異なる働きを持つ前頭前野、側頭葉といった各領域がはっきりと分かれていません。この特徴を活かし、積み木やお箸を使ったトレーニングを重ねることで、脳全体の活性化を目指します。

ワーキングメモリトレーニング

さまざまな日常動作、さらには学力向上にも役立つ能力を効果的に高めます。

会話や読み書きなど、日常的な動作をスムーズに行う際に不可欠なのが、ワーキングメモリ(作業記憶)と呼ばれる能力。数字カードなどを使ったトレーニングで、短時間に複数の情報を保持し、処理する力を高めます。

自分コントロール

集団生活に欠かせない自己抑制能力を鍛え、さまざまな状況への対応力を獲得。

幼稚園や小学校で、周囲と円滑なコミュニケーションを取るためには、自分の感情を制御できる能力が必要です。トレーニングという形で思い通りにいかない状況をつくり、我慢を覚えることから集団生活への対応力を磨きます。

約40種類のトレーニングカリキュラムから
お子様1人1人に合わせて
オーダーメイドのカリキュラムを提供いたします

その他サービス

その他サービス

一人ひとりの
お子さまに
合わせて、
多彩な支援を
行っています!

個別・集団療育

発達相談

脳科学データに基づく個別発達支援

個別面談
(個別計画案・サポート案を作成)

就学準備カリキュラム

お子さまの発達にお悩みがあれば、なんでも相談してください。

お気軽にご相談・お問い合わせください。お子さまの未来のこと、
相談してみませんか?