columnコラム

暴言によって子供は脳機能障害になる?大人は仕事ができなくなる?

2018/02/22

暴言や厳しい批判を職場で浴びる、学校でクラスメートから悪口を言われる、あるいは親から罵られることで一体どのような影響を受けるのでしょうか?数多くの実験、観察、脳画像データの蓄積で様々なことが分かってきているのでそれらを合わせて紹介していきます。

 

先行研究の紹介

 

親からの暴言

親からの暴言は精神的な虐待と考えられており、数多くの研究で暴言により子供はのちに深刻な精神疾患を引き起こすことが報告されています(1, 2, 3)。

親からの暴言に晒された子供は10代後半頃から抑うつ、不安神経症、怒りのコントロールの困難、解離(記憶が飛んだり、最悪の場合多重人格を引き起こす)などのリスクが高まることが分かっています(6)。

 

学校生徒による暴言

学校で他の生徒からの肉体的、精神的な暴力や暴言も珍しくなくなりつつあります(7)。

肉体的に、あるいは精神的に暴力的な扱いを受けた子供は抑うつ、自殺願望、孤独感、ひどければ幻覚や妄想などの精神障害が表に表れることがあります(79)。成績も低く、出席率も低い傾向にあることが分かっています(10)。

また、ナイフなどの危険物の持ち込みやケンカなどをする可能性が増し (11)、多くの怪我に苦しみ、薬物を乱用し、動物や人を傷つける傾向にあることも分かっています(10)。

 

会社の上司などからの暴言

職場で暴言を吐かれた800人に対して行なったアンケートでは以下の結果になりました(12)。

・48% が努力を怠るようになった
・47% が職場にいる時間を減らした
・38% が商品の品質管理を悪化させた
・80% が暴言について思い悩み時間を無駄にした
・63% が暴言を吐いた人から避けるのに時間を必要以上に無駄にした
・66% がパフォーマンスが下がったと報告
・78% が企業への愛、精神、コミットメントが下がったと報告した
・12% がその仕事をやめた
・25% が顧客に対してストレスを発散したことを報告した

画像はこちらより引用

 

まとめ

 

・暴言、パワハラなどでは人は成長しない。それどころか、脳機能障害、精神障害、素行障害、仕事のパフォーマンスの低下を引き起こす可能性が高まる。

 

参考文献

・Exposure to Parental Verbal Abuse is Associated with Increased Gray Matter Volume in Superior Temporal Gyrus
Akemi Tomoda, Yi-Shin Sheu, Keren Rabi

・Hurtful Words: Exposure to Peer Verbal Aggression is Associated with Elevated Psychiatric Symptom Scores and Corpus Callosum Abnormalities
Martin H. Teicher, Jacqueline A. Samson, Yi-Shin Sheu.

・The Price of Incivility (https://hbr.org/2013/01/the-price-of-incivility)
Christine Porath, Christine Pearson

この記事が良かったら

お子様のこと。これからのこと。
なんでもご相談ください!

TEL.078-230-1171

電話受付  平日 10:00~17:00

お問い合わせ・面談はこちらから